地質調査をする必要性を知っておこう|地震対策

作業者

地盤の調査なら

一戸建て住宅などを建設するなら、地盤の状態を把握し、状態によっては地盤改良を行うことなどが必要である。地盤調査を業者に依頼する場合には、業者の調査実績や信頼性などが重要である。また、費用面での比較検討も必要になる。

住居を建てる前に知ること

工事現場

土地の状態を把握する

土地を持っていて今から住居や建造物をそこに建築していくという場合にはまず、地質調査を前もってしておくことが大切です。もちろん、地質調査を行うとなれば専門の業者を利用することになりますし、費用も発生します。節約を心がけている人にとっては難しい問題にもなりますが、それでもこの地質調査を事前にすることによって災害に対する準備がより強固なものとなるのです。例えば、その土地の地盤に比較的柔らかい層が含まれていたとします。そうなれば災害時には液状化現象、地盤沈下などのリスクが高まりますし、何よりその上に立っている建造物自体の強度も損なわれることになります。地質調査をしていれば少なくともそのリスクを把握することが出来ますし、状況に応じてその対策を打っていくことも十分に可能になるのです。

調査に必要な事とは

こうした地質調査を行うにはまず専門家の助けを借りる必要があります。具体的には地質調査を専門としている業者に作業を依頼することになるのですが、全国には沢山の業者があります。また、一口に地質調査と言っても、その内容、そして現場の状況によって具体的な料金は異なってきます。使用する機材に関しても、ボーリング調査、物理探査などどの程度の精密な情報を求めているのか、目的に応じても変化してくることになるのです。具体的な金額を知りたいのであればまず業者に問い合わせをしてみること、そして必要に応じて見積もりを出してもらうことをおすすめします。

埋立地を購入する場合

埋立地のように土砂などが積まれて、地下水などがそれを満たしている場合には、地震によって土砂の結合が崩れて水が浮き上がる液状化現象が発生する可能性があります。埋立地を購入する場合には、適切な液状化対策が行われているかどうか確認することが大切です。

必要になる安全上の点検

対象となる建物の場合には、防火対象物点検の報告を定期的に行う必要があります。防火対象物点検では、火災の際の安全性をプロが色々な視点からチェックします。防火対象物点検を行う専門業者は、問題を改善し報告をつつがなく終えるために利用されています。