地質調査をする必要性を知っておこう|地震対策

作業員

埋立地を購入する場合

工事

事前の対策が必要

近年の大地震の発生によって、埋立地の液状化現象が問題視されるようになりました、液状化現象とは、埋立地のように砂状の土砂が埋め立てられている場合に、地震によって土砂の結合が崩れた場合に発生します。地下水などに満たされていた場合、結合を失った土砂はどんどん沈み込んでいく、水が上にあがってきます。同様に、水よりも比重の大きい住宅のような建物は自重によって沈んでいきますし、下水管などの水よりも比重の軽いものは浮き上がってくるのです。その結果、住宅が不同沈下してしまい、実質的には住めないような状態になります。液状化対策としては、住宅建築前に十分に地盤調査を実施しておくことが重要です。一度液状化してしまうと事後の液状化対策は困難です。

購入前の確認が重要

まずは地盤調査を行なうことが大切です。地盤調査を行なう専門業者が存在するため、依頼すると良いでしょう。また、事前に行なう液状化対策としては、しっかりと地盤と住宅とを結合させることが大切です。埋立地の場合には、しっかりとした地盤はかなり深くなりますが、それと結合させておかなければ、結局、地盤と住宅の間が液状化してしまい、住宅は沈むことになります。また、周囲の液状化現象が影響を及ぼさないように矢板などで防ぐ工法もあります。いずれにしても、埋立地ではしっかりとした液状化対策が施されていないと、万が一の時の被害は大きなものがあります。これは、一軒の住宅だけの問題ではなく、その地域全体の問題でもありますので、適切な液状化対策を行なったうえで住宅地を販売しているかを確認してからでなければ、埋立地を購入すべきではありません。